看護師求人・転職・募集サイト「ナースアシスト」の公式コラム

ナースアシストコラム

コラム記事 看護師の労働環境 看護師の転職

スキルアップと資格

投稿日:

看護師 求人

 

看護師がスキルアップを目指す場合に、資格の取得は効果的です。
仕事の幅も広がりますから、現在の職場においてだけではなく、転職の際に生きてくることもありますし、将来役立つ可能性も非常に高いと言えます。

では、資格にはどのような種類があるのでしょう。

 

まず、直接業務に直結するものとなる資格を見ていきます。
出産に立ち会うことや新生児のケアを行う助産師、循環器ケアのサポートを行う循環器専門ナース、心臓病患者に対する生活指導などを行う心臓リハビリテーション指導士などがあります。これらは医療系の資格となっています。
他には介護系の資格があり、認知症のケアを行う専門士や、介護支援専門員(ケアマネジャー)などがあります。唯一国家資格が必要になるものが介護福祉士で、難易度は高くなっていますが高い専門性を持ち、スキルアップはもちろん仕事の幅も広がります。

業務が直接的に結びつくとは限らない資格としては、人と接する機会が多い看護師業務のスキルアップとして、カウンセリングに関わる資格を取得する人も少なくないと言われています。
例えばいじめや不登校などの子どものケアをするチャイルドカウンセラー、仕事関係で悩む企業向けの産業カウンセラー、家族との死別などの心のケアを行うグリーフケアカウンセラーなどがあります。
他にも、例えば「語学が活かせる業務を視野に入れている場合は、語学関係の資格を取得する」等、自分に合った資格を選ぶことが重要と言えます。

 

資格の種類は様々で、うまく選べば自分の専門分野に生かすことができます。
ただし、特に方向性を定めずにただ「何でもいいから資格を取る」という状態になると、あまり意味がなくなってしまうことも。
今後どのような方法に進みたいのか、どの資格を取ることで自分の仕事に生かせるのかを考えながら選択する必要があるでしょう。

 

>> 看護師求人・転職・募集サイト「ナースアシスト」のTOPへ戻る

 

 

免責事項

免責事項

当サイトにおきましては、出来得る限り正確な情報をお届けできるよう努めております。ですが時間経過により情報が正しいものではなくなる可能性や誤った情報が混じる可能性があるほか、予告なく情報の修正や削除を行う可能性がございます。また当サイト掲載情報により何らかの損害等が発生した場合におきましても、運営元は責を負いかねます。情報の閲覧および利用につきましては、全て閲覧者の自己責任でお願いいたします。

 

 

 

-コラム記事, 看護師の労働環境, 看護師の転職

Copyright© ナースアシストコラム , 2019 All Rights Reserved.