看護師求人・転職・募集サイト「ナースアシスト」の公式コラム

ナースアシストコラム

コラム記事 看護師の労働環境

看護師の休日日数

投稿日:2019年8月8日 更新日:

看護師 求人

一般的な週休二日の会社であれば、長期休みや年末年始の休みを全て合わせて年間の休日日数が120日程度あると言われています。
ですが看護師の場合は一般的な会社と比べて休日が少ない傾向にあり、110日程度ということが多いようです。
命を預かっている仕事なために、年末年始に休めない場合や長期休暇が取りにくいという場所も珍しくなく、忙しいところでは年間で80日程度しか休めないということもあります。

 

労働基準法の規定では、1日に8時間以内、週に40時間以内と労働時間を定めています。
また、一ヶ月に4日以上、週に1日以上の休暇、有給休暇に関しては年間で10日以上と決められています。
どんなに忙しい職場だった場合にも、労働基準法を破っては大問題になります。

ただし2交代制の際には連続した勤務が認められている場合や、1週間の合計労働時間が法定時間を超えていないという場合に8時間以上の勤務が認められるなど、その時の状況によっても変わってきます。
法律に沿っていれば年間で休日は105日が確保されるはずですが、代わりに賃金を支払うなどで、実際の休日が105日未満ということもあります。
自分で判断ができない場合には、専門の機関に相談しても良いでしょう。

 

特に転職を考えている人は、休日日数が気になるところだと思います。
年間休日の日数はもちろん、職場によってはリフレッシュ休暇など独自の休暇を設けているというところもあります。
職場によっては、休日日数自体は多く取れてはいても、飛び石の休日でまとまった日数が確保できない等の場合もあります。

実際に働き始めてから困らないよう面接などの時点で聞いてみても良いですし、キャリアコンサルタントなどを挟める場合には事前に確認しても良いかもしれません。

 

>> 看護師求人・転職・募集サイト「ナースアシスト」のTOPへ戻る

 

 

免責事項

免責事項

当サイトにおきましては、出来得る限り正確な情報をお届けできるよう努めております。ですが時間経過により情報が正しいものではなくなる可能性や誤った情報が混じる可能性があるほか、予告なく情報の修正や削除を行う可能性がございます。また当サイト掲載情報により何らかの損害等が発生した場合におきましても、運営元は責を負いかねます。情報の閲覧および利用につきましては、全て閲覧者の自己責任でお願いいたします。

 

 

 

-コラム記事, 看護師の労働環境

Copyright© ナースアシストコラム , 2019 All Rights Reserved.