看護師求人・転職・募集サイト「ナースアシスト」の公式コラム

ナースアシストコラム

コラム記事 看護師の労働環境

看護職の種類

投稿日:2019年5月19日 更新日:

看護師 求人

看護職と一口に言っても、その種類は様々です。法律で定められているもの、その上で深く専門分野を学べる日本看護協会の資格認定制度も存在しています。そもそも看護職というのは、看護師・准看護士、助産師、保健師という種類に分かれています。

 

看護師になるためには、国家試験受験資格が必要になり、高校・大学卒業、准看護師などから資格を取得する人も少なくありません。病院など働ける場が多く、医療チームの一員としてサポートをする役割にあります。

准看護士は養成所や看護学科を卒業することでなることができます。一般的には看護師の一つ下のランクとされており看護師に比べて簡単に資格を取得できますが、看護師と仕事の範囲はあまり変わらないことが多いです。ただし、最終的な責任の所在などが変わってくるため、准看護師だけでは大きな判断を下すことができないケースも出てきます。人によっては准看護師になってから看護師になるという人もいます。准看護師から看護師になる場合であっても変わらず、国家試験を合格しなければなりません。

助産師は、看護師・助産師のそれぞれの国家資格に合格をし、その上で1年以上の助産師課程をクリアする必要があります。出産に関わる職場で働くことが主となっており、専門分野の知識が必要になってきます。病院の他にも保険センターなどで働くということもあるそうで、独立も可能になります。資格として看護師も持っているので、看護師として働くという選択もできます。

保健師も助産師と同様に、二種の国家資格が必要になります。ただし保健医の場合は、看護師と保健医の資格が必要です。それぞれの市町村の保健所で働くという人も多くあり、他にも保健に関わった職場で働けるようになります。相談を受けるという立場にもなるために、常に正しい知識を学び理解していなければならない立場になります。直接医療の現場に行くことよりも、環境の見直しや情報整理を主とした、間接的な医療への関わりが中心となることが多いとされています。

 

>> 看護師求人・転職・募集サイト「ナースアシスト」のTOPへ戻る

 

 

免責事項

免責事項

当サイトにおきましては、出来得る限り正確な情報をお届けできるよう努めております。ですが時間経過により情報が正しいものではなくなる可能性や誤った情報が混じる可能性があるほか、予告なく情報の修正や削除を行う可能性がございます。また当サイト掲載情報により何らかの損害等が発生した場合におきましても、運営元は責を負いかねます。情報の閲覧および利用につきましては、全て閲覧者の自己責任でお願いいたします。

 

 

 

-コラム記事, 看護師の労働環境

Copyright© ナースアシストコラム , 2019 All Rights Reserved.