看護師求人・転職・募集サイト「ナースアシスト」の公式コラム

ナースアシストコラム

コラム記事 看護師の労働環境

病棟看護師の業務

投稿日:

看護師 求人

看護師は24時間体制で患者の生活を見守っています。24時間365日、病棟の看護師はチーム交代制で患者の看護を行っていくのです。

今日の日本の病院では、主に「3交代勤務」と「2交代勤務」が行われています。「3交代勤務」は日勤帯・準夜勤帯・夜勤帯の8時間ごとに看護師が入れ替わり患者を見守ります。「2交代勤務」では日勤帯と夜勤帯で入れ替わる勤務体制となっています。

 

日中の病棟は患者の家族や友人が面会に訪れたり、入退院、検査などがあったりと病棟内はとても賑やかになる傾向にあるでしょう。

うって変わり、夜になると面会時間も終了してしまう為、病気と闘っている患者は心細くなってしまうこともあるかもしれません。病気・ケガや今後の生活に対する不安、眠れないといったつらい気持ちを巡回する看護師に打ち明けるなど、昼間とは少し違った一面がみられることもあります。

看護師は病室一つ一つを回り、病状に異変がないかや眠れているかなどを見守っていくことになります。治療や処置だけでなく、夜に不安を抱えて眠れない患者にそっと寄り添ってあげることもとても大切だといえるでしょう。もちろん患者の全ての要望に応えることは難しいため、出来る範囲で、ということにはなってしまいますが。

しかしながら、病気が重篤化している患者にとっては昼も夜も関係ありません。たとえ夜であっても病状が変化していくこともあります。夜間も治療を必要としている患者もいるため、そういった意味でも24時間通じて見守るという事は非常に重要となってきます。

 

このように24時間を交代制で看護するには、どの看護師に交代しても同じ看護を提供できるよう対策をとる必要があるのです。そのために看護アセスメントを学び、日々進歩を続ける医療への知識を看護師一人ひとりが深め理解しておく必要があるでしょう。そのうえで「診療の補助やケアをどうしていくか」ということに必要な患者・患者家族の状況を観察して判断し常に情報共有しあうことが、看護の質を保ち延いては向上させていくことにつながるでしょう。

>> 看護師求人・転職・募集サイト「ナースアシスト」のTOPへ戻る

 

 

免責事項

免責事項

当サイトにおきましては、出来得る限り正確な情報をお届けできるよう努めております。ですが時間経過により情報が正しいものではなくなる可能性や誤った情報が混じる可能性があるほか、予告なく情報の修正や削除を行う可能性がございます。また当サイト掲載情報により何らかの損害等が発生した場合におきましても、運営元は責を負いかねます。情報の閲覧および利用につきましては、全て閲覧者の自己責任でお願いいたします。

 

 

 

-コラム記事, 看護師の労働環境

Copyright© ナースアシストコラム , 2019 All Rights Reserved.